m-eye blog

ノンプログラマによるVBAとPythonの学習記録

予定のくりかえしとTo-Doアプリ

f:id:m-eye:20181006102226p:plain

 

くりかえす予定

みなさんは、歯を大切にしてすか?

年を取ってから歯の大切さに気づいて、3ヶ月に一度は歯の定期検診に通ってます。

でも、3ヶ月に1回だとカレンダーに書いても忘れるので、To-Doアプリのお世話になってます。

 

お気に入りのTo-Doアプリ

むかし使っていて、いまでもお気に入りなのが、Wunderlistです。

アプリの乗り換えの歴史としては、LifeBear→Wunderlist→Todoist→Wunderlistだったのですが、残念なことにWunderlistは、会社ごとMicrosoftに買収されてしまいました。

いまでもまだ利用することはできますが、Microsoftの気分しだいで、いつアプリが利用停止になるかわかりません。

そこで乗り換え先をさがして、いろいろなTo-Doアプリを触ってみても、しっくりくるものはありませんでした。

アプリをえらぶ条件に、WindowsでもMacでもiPhoneでも使えるアプリ(Webアプリ含む)という条件があるからかもしれません。

 

いま使ってるアプリ

しかたなく、今はMicrosoftがWunderlistをまるまるパクって作ったMicrosoft To-Doをつかってます。

Webアプリはとてもできが悪くて、ログインにけっこう時間がかかり、待たされた感は強いですね。

 

Microsoft To-Doの特徴

もう笑っちゃうくらいWunderlistにそっくりなのですが、ひとつだけちがう点があります。

「今日の予定」という項目がある、ということなんですが、わたしはこれが大嫌いです。

なんでかっていうと、Wunderlistには、なかった項目だからです。

Wunderlistには、そのかわり、すべての項目を日付順に表示する項目がありました。

これは改悪ですね。

 

気にいらないこと

いままではすべての項目が見通せたのに、今日の項目しか見ることができなくなりました。

厳密にいえば、「今日の予定」にひとつひとつの項目を登録する画面があるので、ある程度の項目をその画面でみることはできるのですが、すべての項目を日付順に見通すことはできません。

その画面は「今日はなにする?」という名前の画面なのですが、わたしはその画面をみていることがおおいですね。

理由は、To-Doリストに登録する項目が、圧倒的にくりかえし項目がおおいからです。

それぞれの親項目に登録してあるくりかえし項目を、また「今日の予定」に再度登録するのがじゃまくさい。

 

気にいらないのになんで使ってるの?

理由はふたつあります。

ひとつめは、Wunderlistを手本にしていること。欠点はありますが、それ以外はWunderlistのつかいやすさを受けついでます。

ふたつめは、無料であること。ほかのアプリで、わたしがWunderlistにもとめていたニーズをみたすものをさがすと、どうしても有料になってしまうので、Microsoft To-Doをつかってます。

ほんとうはMicrosoftがWunderlistを永続的に更新しつづけてくれるのがいちばんですけどね。

 

Copyright 2018 m-eye blog All Rights Reserved.